妊活特集

MENU

妊活特集記事一覧

妊活中に一番つけたい力はなんでしょうか?それは何といっても、妊娠する力ですよね。妊娠するために、毎日の食べ物からできることは何でしょうか。それは、できる限り老化を防ぐことではないかと思うのです。なぜかというと、妊娠する力は、やはり、若い卵子・精子の方が強く持っているからです。受精するだけでなく、妊娠を継続し、出産・育児のことまで考えると、老化は極力防ぎたいもの。卵子や精子も体の一部です。実年齢では...

女性ひとりがどんなに頑張って妊活しても、男性の協力無しには成立しない妊娠。妊活というと、女性だけのイメージがありますが、男性にとっても、一緒に行うメリットがあります。妊娠のためだけでなく、健康という視点から考えてみると、たくさんあるのです。妊活の中でも、妊娠力を高めるための、老化を防ぐ活動から考えてみました。妊活と老化年齢を重ねる度に、私達の肉眼では見ることはできない卵子や精子も一緒に年を取ってい...

妊活は妊娠したい夫婦が行うもので、これは女性だけがするものではありません。どちらかだけが頑張っても効果は薄いと思います。やはりパートナーの協力も必要ですね。日本では不妊に悩むカップルが6組に1組だと言われています。女性側に原因がある不妊もありますが、実は半分近くは男性にも原因があると言われています。そのため男性も妊娠しやすくするための妊活習慣を身につける必要がありますね。男性不妊の原因のほとんどが...

お酒とたばこは、妊婦が摂るとお腹の赤ちゃんに悪影響があることが知られています。どちらも、依存性があるので、一度やめることができても、また再開してしまう可能性があります。お酒とたばこを妻がやめることができるよう、一番身近な存在である夫が、たばことお酒をやめることで協力できます。やめることは難しくても、以下のことは意識するだけでできると思います。妻の前では吸わない(分煙)妊活中から飲み会を控える家では...

「風邪薬」は総合かぜ薬を指しているのであれば、妊活中は総合風邪薬は飲まない方が良いと答えます。なぜかと言うと…「妊活中」=「妊娠1カ月」ということだから、内服薬は必要最低限にしたい一般的に、市販の総合かぜ薬は、数種類の内服薬が1錠中に入っています。妊活中は、いつ妊娠していてもおかしくない状態妊娠に気が付くのは、基礎体温表をつけていて、高温期が月経予定日を過ぎても1週間以上持続している時ですよね。予...