妊活中は男性もお酒やたばこを控えるべき?

MENU

妊活中は男性もお酒やたばこを控えるべき?

つわり

お酒とたばこは、妊婦が摂るとお腹の赤ちゃんに悪影響があることが知られています。
どちらも、依存性があるので、一度やめることができても、また再開してしまう可能性があります。

 

お酒とたばこを妻がやめることができるよう、一番身近な存在である夫が、たばことお酒をやめることで協力できます。
やめることは難しくても、以下のことは意識するだけでできると思います。

  • 妻の前では吸わない(分煙)
  • 妊活中から飲み会を控える
  • 家ではお酒を飲まない

 

手の届く所にあって、禁煙・禁酒することは難しいものです。妊活中ということは、いつでも妊娠する可能性があって、知らない間にもう妊娠しているかもしれない時期ということですよね。

 

まずは、妻がたばこやお酒をやめられるように、そして、受動喫煙を避けられるように、妊活中から夫も控えて欲しいなと、思います。

 

たばこの害とは?

 

男女問わず、たばこがおよぼす悪影響には次のようなものがあります。

 

肺・喉頭・口腔・食道・リンパ節に悪性腫瘍ができる可能性が高まります。

 

動脈瘤・動脈硬化症・脳血管疾患・冠動脈疾患・慢性閉そく性肺疾患・白内障・骨粗しょう症を発症する可能性が高まります。

 

妊娠中の喫煙・受動喫煙の害とは?

 

不妊率を増加させ、子宮外妊娠発生率を高めます。血液中のニコチン濃度が高くなればなるほど、自然流産率が高まります。

 

切迫早産を起こす可能性も高まります。

 

胎児、出生後の子どもに、口唇裂・口蓋裂・先天性心疾患・手足の欠損・腹壁破裂・低出生体重児・死産・乳幼児突然死症候群・肥満・高血圧・糖尿病などを増加させます。

 

ここまであげられると、もう妊活中の妻の前でたばこを吸う気は無くなるはず!

 

妊娠中のアルコールの害とは?

 

つわり

 

妊娠中のアルコールは、生まれてくる赤ちゃんに、胎児性アルコール症候群(顔面の形成不全、発育の遅れ、中枢神経系の障害)という先天異常を引き起こす可能性があります。

 

胎児性アルコール症候群には、治療法が無く、少量のアルコールでも、妊娠中のどの時期でも、この病気を引き起こす可能性があります。
妊活中からお酒を飲む習慣をやめることで、胎児への害を防ぐことができます。

 

また、胎児性アルコール症候群の基準のすべてを満たさない場合であっても、行動や認知の異常・心臓、腎臓、骨、聴覚の障害といった症状がみられることがあり、胎児性アルコールスペクトラム障害と呼ばれます。
成長に伴って、学習面の遅れや衝動をコントロールできず対人関係に困難を伴うことが起こりえます。

 

妊娠と気付く前の飲酒もその時期の胎児の発育に影響し、それが大量飲酒であれば、胎児性アルコール症候群や流産の危険性が高まります。
どのくらいのお酒の量であれば安全、という日本人対象の研究結果は無いため、妊娠中・妊活中は禁酒することが一番安全と言えます。

 

産後も家ではお酒やたばこは控えましょう

 

ここまでたくさんの病気の可能性を知ってしまうと、お酒やたばこを楽しむ気持ちは失われてしまったのでは。
少なくとも、妊娠の可能性がある妻の前でお酒やたばこを楽しむ気持ちにはならないですよね。

 

妊活中は、何よりも妻とまだ見ぬ赤ちゃんのために、お酒とたばこは家の中に持ち込まないのが一番安全だと思います。
妊娠が確実になったら、妻もお酒やたばこを楽しみたくならないように、やはり妻の前ではたしなまないのが良策ですよね。
出産後もやはり、家の中でお酒やたばこはやめた方が良いのです。

 

それは、乳幼児は何でも口に入れてしまうからです。
小児科クリニックで看護師をしていた時、何人も、たばこを食べてしまった乳幼児の胃洗浄に立ち合いました。とても苦痛を伴う処置で、赤ちゃんや子どもが泣き叫ぶ姿は本当にかわいそうでした。

 

お酒も、最近はお酒かジュースか分かりにくいラベルの物が増えてきましたよね。抵抗感が無くなって、口にしやすいと思います。
親しい人が普段飲んでいる姿を間近に見ていると、飲酒に抵抗が無くなると言われています。
その点でも、お酒を子どもが飲んでしまうことが起こりやすく、急性アルコール中毒になる危険性があり命に関わります。

 

家庭の中に、妻や赤ちゃんにとって害になるものを持ち込まないのが一番で、その期間は産後から子どもが成長するまでずっと続くと考えると…。
もう、妊活中から家庭では禁煙・禁酒する習慣を身につけてしまった方が楽かもしれないですね。
そして、それは自分の健康にもつながります。良いことづくめですね!


関連ページ

妊活中にはどんな食べ物がおすすめ?
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?
妊活は男性も積極的に参加しましょう!
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?
妊活中の男性が気をつけるべきことは?
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?
妊活中って風邪薬を飲んでも大丈夫?
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?