妊活中って風邪薬を飲んでも大丈夫?

MENU

妊活中って風邪薬を飲んでも大丈夫?

つわり

風邪薬」は総合かぜ薬を指しているのであれば、妊活中は総合風邪薬は飲まない方が良いと答えます。
なぜかと言うと…

 

「妊活中」=「妊娠1カ月」ということだから、内服薬は必要最低限にしたい

 

一般的に、市販の総合かぜ薬は、数種類の内服薬が1錠中に入っています。

 

妊活中は、いつ妊娠していてもおかしくない状態

 

妊娠に気が付くのは、基礎体温表をつけていて、高温期が月経予定日を過ぎても1週間以上持続している時ですよね。
予定日を過ぎても月経が来なくて1週間してからが、妊娠検査薬を使う時期です。
妊娠検査薬で陽性となって、その足で産婦人科に行っても、確認できるのはまだ胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)のみです。
でも、この時点でもう妊娠2カ月となっています。

 

妊娠は、妊娠0〜3週間の4週間が妊娠1カ月目、妊娠4週間〜7周間が妊娠2カ月と数えます。
まだお腹に赤ちゃんが宿っていない時期からもう「妊娠」しているのです

 

妊活中とは、「妊娠1カ月」と同じこと

 

そう考えると、何が入っているか良く分からない総合かぜ薬は飲まないのではないでしょうか。

 

 

妊婦対象に実験された薬は無いから、慎重になりたい

 

倫理上、お腹の中の赤ちゃんに悪影響があるかどうかを、妊婦にその薬を飲ませて実験されることはありません。
ですので、十分な治験の結果、妊娠と知らずに服用した場合、胎児に何らかの悪影響がおこる可能性がかなり低いとされている医薬品でも、実際の人間の妊婦と赤ちゃんを対象に検査されてはいないということです。

 

何事にも、「絶対」は無い、と考えたら、内服する薬は、何らかの悪影響が赤ちゃんにあるかも知れないけど、それを上回る、自分(母親)への利益があるから内服するんだという自己決定が欲しいですよね。

 

つわり

 

その自己決定のためには、内服する薬の内容を、自分が全てきちんと把握していなくてはならないと考えます。
内服しなくても良さそうな薬は、極力、内服しない。その決定を薬の説明を聞いて、慎重に行いたいですよね。

 

 

市販薬には1錠中に何種類の薬が入っている?

 

あるAという総合かぜ薬をみてみると、対応する症状は、「発熱・寒気・のどの痛み」とあります。
そのA薬には、和漢薬と洋薬10種類に加え、添加物が15種類、1錠中に含まれています。
妊娠している可能性があるから、1錠中に含まれる内容を見て、「無水カフェインとアセトアミノフェンは省きたい」と思っても、取り除けません。

 

 

もし病院にかかっていたら、薬は何種類処方される?

 

A薬に書かれている症状で、内科を受診したら、お薬はどうなるでしょうか?

 

問診票には、病院でも調剤薬局でも、必ず「妊娠中か、妊娠の可能性はあるか」という質問項目があります。
もし無かったとしても、妊活中であったら、自分から妊娠しているかも知れませんと申し出ますよね。

 

問診・検査・診察を終えて、「扁桃炎(扁桃腺炎)です」と分かったら、最低でも抗生剤1種類。
大抵は、解熱鎮痛剤1種類とのどの発赤や腫れを抑える薬1種類。
それ以外に、胃壁を守る薬1種類、トローチやうがい薬などが処方されることがあるでしょう。

 

ですので、処方薬でしたら3種類くらいで済ませてもらうことができます。

 

もし心配でしたら、最低限の抗生剤だけにして欲しいと申し出ることもできますし、その他の選択肢(漢方など)も医師に教えてもらうこともできます。
1錠ずつ、医師と相談しながら決めることができますね。

 

病院に行けば、より胎児にも安全で治療効果が同等の薬を医師が調べて、処方してくれます。
それでも心配、というのであれば、「薬は飲まないで治したい」という選択のメリット・デメリットを、「扁桃炎」が悪化することで起こりうる合併症を含めて説明してもらえますので、納得して自己決定できますね。

 

 

総合かぜ薬をすでに飲んでしまったら?

 

つわり

妊娠していたことが妊娠検査薬で分かり、妊娠1カ月にあたる時期に、総合かぜ薬を内服したことを思いだしたら、どうしたら良いのでしょうか。

内服した成分が分かれば、ネット上でも、「妊娠と知らずに服用した場合、胎児にリスク上昇が無いとされている薬品」かどうか簡単に調べることができます。
市販の総合かぜ薬は、数日内服したとしても、心配するような胎児への悪影響が強い薬は入っていないと分かります。

 

自分で調べることもできますが、正式には、「妊娠と薬情報センター」というところで調べてもらうことができます。
これは、厚生労働省事業で、妊娠していることを知らずに薬を飲んでしまった場合の相談を受け付けています。

 

妊娠中と授乳中の服薬に関する情報機関で、専門の医師・薬剤師が相談に応じてくれます。
内服してしまった薬だけでなく、治療中で内服している薬を飲みながら妊娠しても良いか、という相談もできます。

 

相談の方法は、ホームページで確認!

 

治療中の薬について「妊娠と薬情報センター」で調べたい時は、回答まで時間がかかることもあります。
妊活を意識し始めたらできるだけ早く主治医に相談し、センターに手続きをとってください。

 

 

妊活中は、医学的には妊娠1カ月にあたるので、今は妊娠中だと思えば、熱や寒気、のどの痛みが出た時、自己判断で薬を飲むでしょうか?

 

 

多分、赤ちゃんのことを考えて飲むことをためらうのでは無いでしょうか。

 

自分で調べたうえで、総合かぜ薬を飲んで症状を和らげることは構わないと思います。

 

でも、少しでも赤ちゃんへの影響が心配だったり、風邪じゃないかもしれないと考えるのなら(溶連菌やインフルエンザでも似たような症状が出ます)、総合かぜ薬は「飲まない」という選択をおすすめします。

 


関連ページ

妊活中にはどんな食べ物がおすすめ?
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?
妊活は男性も積極的に参加しましょう!
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?
妊活中の男性が気をつけるべきことは?
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?
妊活中は男性もお酒やたばこを控えるべき?
葉酸サプリは、妊娠前から飲んだ方が良いということを最近知ったのですが、なぜ妊娠前から飲む必要があるのでしょうか?